通底するのは感謝とリスペクト

こんにちは。はてなディレクターアドベントカレンダー2016の20日目を担当するid:sawaccioと申します。昨日はid:shiba_yu36による「ディレクターを経験して良かった」でした。
(彼がディレクターを担当したチームに私も所属していましたが、仕事の進め方など、とても勉強になりました。私も彼のもとで働けて良かったです。)

はじめに

私は現在、はてなのプランナーとして、サービスの機能策定や進行管理に務めています。これらはディレクターが役割を担うことも多いですが、私の立場においては、企画がもたらす価値を最大化させることに責任を持ち、その実現のために遂行しています。

今回のテーマは「ディレクター」です。そこで、プランナーとディレクター、ともに共通するトピックを挙げてみようと思いました。どちらの職種も、それが単一のロールならば、不可欠なのはメンバーの協力です。ゆえに、プロジェクトの達成のみならず職務を長く果たし続けるためにも、コミュニケーションへの配慮が必要であることは言うまでもないかもしれません。
この記事では、仕事のコミュニケーションについて、共に働く人々の振る舞いから学んだ、私が意識している心がけを書いてみたいと思います。

通底するのは感謝とリスペクト

さて、いま話題のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』ですが、私も御多分にもれずハマっています。いよいよ本日が最終回。楽しみでもあり、寂しくもあり・・・。このドラマを欠かさず視聴してきたなかで、心に残った言葉がありました。

「どんな仕事も、感謝とリスペクト」

第7話で、主人公・森山みくりに、伯母の百合さんが言ったセリフです。書き出してみれば陳腐にも感じられるかもしれませんが、印象に残ったのには理由がありました。

心に浮かんだのが「はてなの組織」です。はてなには、とりわけ対話を大事にする文化があります。それは、頭ごなしの指示や安易なルール化を避け、各自の働きやすさを追求するためです。この意志に通底するのも「感謝とリスペクト」ではないか。そう思いました。お互いを尊重し、配慮しあい、感謝しあう姿勢があってこそ成り立つと言えるからです。
はてなの企業文化については、私が百万言を費やすよりも人事・総務部長によるインタビュー記事の方が確実にお伝えできるでしょう。お読みいただけたら嬉しいです。
swri.jp

心がけていること

それでは、「感謝とリスペクト」の姿勢は、実際の仕事とどう関わるのでしょうか? はてなにいて気づいたこと、それは第一に、働きやすい職場は、組織の整備だけでなく個々人の振る舞いによって実現される。第二に、それらの振る舞いは、職場の雰囲気づくりのみならずプロジェクトや日常の業務をスムーズに進める上で大きな効果を発揮する。この二つです。
この気づきを通して、コミュニケーションの際には、共に働くメンバーの振る舞いをお手本とした以下の心がけを意識するようになりました。

  • 「自分の考え」を「自分」から切り離す
  • 目的や課題を見つめる
  • 強い言葉を使わない
  • 相手の事情を酌み、杓子定規で済まさない

それぞれを説明していきます。

「自分の考え」を「自分」から切り離す

自分の考えに執着し、相手の意見を軽んじてしまう心の偏りは、なぜ起きてしまうのでしょうか? 自分自身、この傾向が強くありました。自分の方が物事を見通せており持論は正しいのだと思い込む、そのような傲慢さを抱えていたことを告白します。また、持論の否定を自分の人格・能力の否定ととらえて身構えたり、さらには、あらためて考え直す手間を面倒だと感じてしまうといったネガティブな姿勢もあったと思います。持論に執着して無闇に相手と議論を戦わせた結果、感情的なしこりが残ったり、後に持論の綻びが判ってばつが悪い思いをしたりといった負の経験を重ねました。

「自分の考え」を「自分」から切り離すことは、相手の意見を尊重して受け入れるための準備です。会議の席やチャットツールでのやりとりの様子から、しなやかに上手く物事を前進させられる人達には、自分の意見に固執しない共通性があるようです。きっと自らの考えも、相手の考えも、議論のテーブル上に対等に並べているのだろうと想像します。お互い持論に固執して紛糾させるよりも、物事を人から切り離して議論する方が健全であり、プロジェクトにとっても、それは正しい意見を選ぶための方法として適切でもあるでしょう。
また、副次的な効果もありました。持論が間違っていた場合でも自分の否定とイコールではないと考えて、心の健康を守りやすくなりました。
いまは「自分は持論をえこひいきしやすい」ことを自覚し、執着へのブレーキが働くよう心がけています。

目的や課題を見つめる

自分と同じく相手も人間ですので、間違った意見を出すこともあるでしょう。互いに意見が異なっているときに相手を尊重しながら議論を進めるにはどうしたらよいのでしょうか? はてなで学んだ方法は、相手に向かって反論するのではなく、プロジェクトの目的や課題を見つめながら考えを伝えるというやり方です。相手の意見にNOを示すことは、気をつけていても相手の心情にさわってしまうものです。そこでは、やみくもに相手を否定したり持論をぶつけたりせず、目的や課題を根拠として意見に客観性をもたせ、相手の理解を得られるよう努めることが肝要であると学びました。

これは心がけのみならず、具体的な行動も可能です。例えば、出し合った意見を壁に付箋で貼ったりホワイトボードに論点や情報を整理したりして、お互い対面しないよう、共に見つめる場所をつくって話をする手法があります。これにより対立構造が緩和し、目的や課題を見つめた話がしやすくなります。会議等で実践し、その効果を感じています。

愛とは、お互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめること

サン・テグジュペリの言葉は、仕事の上でも、そうなのだと思います。

強い言葉を使わない

テキストでも口頭でも、相手の意見に異を唱えるとき、負の感情を込めた強い言葉にならないよう気をつけます。つい使ってしまいやすいのが、

「◯◯なんかではダメです」
「どうみたって◯◯じゃないですか」
「◯◯はありえないですよ」

といった、非難や拒絶の意を含ませた表現です。例えば上の「なんか」といった表現は、相手の利にならず、例え正しい意見だったとしても、ぶつけられた相手は心情を害するでしょう。
言われた相手がどう思うだろうと気を配るほかにも、「はたして自分がお手本とする人達がするような言い回しだろうか」と事前にチェックしてみることがあります。「○○さんだったら、どう意見するだろう」と想像することにより、客観的な視点も得られます。

相手の事情を酌み、杓子定規で済まさない

相手を尊重するためには、まず「それぞれには、それぞれの事情がある」ことを念頭に置く必要があります。価値観や立場の違いによって物事の重要性は違います。また、出てきた意見や事柄がプロジェクトの目的や進め方にそぐわないものだったとしても、杓子定規で片付けるべきでない場合もあるでしょう。それは、ユーザーさんとの関係、中の人間として守るべきブランド、パートナーからの信頼、共に働く相手への配慮など、プロジェクトを超えた大事なことが、たくさんあるからです。

はてなの文化は先に述べたとおり、頭ごなしの指示や安易なルール化を避け、ひとりひとりを尊重するモットーがあります。現場でのやりとりにおいても、企画を進めていく上でも、この信念に沿っていきたい。そう考えています。

はてなでは、一緒に働く人を募集しています。はてなの文化や働き方に興味や関心を抱かれた方は、ぜひエントリーをご検討ください。 hatenacorp.jp

明日の担当は、ディレクターのid:kyabanaです。

P.S. アドベントカレンダーのご紹介

はてなでは現在、3つのアドベントカレンダーを実施しています。どのカレンダーも、はてなの文化と多様性をお伝えできる内容だと思います。こちらもぜひご覧ください。

advent.hatenablog.com developer.hatenastaff.com advent.hatenablog.com