足場とワームホール

会社の事で詳しくは書けないけれど「生きていると、こんなこともあるものなんだなあ」と思える、個人的な出来事があった日だった。

広告業界から遠く離れて歩き続け、さまよい、漂っていたら、突然ワームホールを突き抜けて、とてつもなく強力な磁場へ。でも浮足立ったら、その足をすくわれて転び、立ち上がれなくなるような。そして、少し前までの自分だったら、浮足立っただろう。


最近、自分は変わったなと感じる。
創作への誤った執着心に気付いて捨てたとき、心の中で暴れていた嵐が止んだ。止んで初めて、嵐が吹き荒れていたことに気づくほど、長い間、自分が見えていなかった。


心をリセットして、そして今日の出来事が起きた。
さて、どうするか。地に足つけて、考えよう。